現在位置: ホーム > Cカード取得コース > 学科講習

学科講習

学科講習って?

主 に、皆さまが日ごろ日常生活をしている陸上世界と、ダイビングの環境である水中世界との違いについて、紹介していきます。それによってともなう不思議なお もしろい部分、危険な部分とその対処法、そしてダイビング器材の紹介、水中世界の紹介、水中生物の紹介、ダイビングが1人でなく2人以上で協力しあって楽 しむシステム (バディシステム) の紹介、話ができるよう水中で使う合図 (ハンドシグナル) の紹介などをします。また、KiKi では講習という「わく」にとらわれず、リラックスしたムードで講習を行っております。インストラクターの体験談などをまじえて楽しくディスカッション形式 で、それこそ、コーヒーにクッキーをつまみながら楽しく進めていきます。

学科講習ををうけるまでの手順

予 習を終えた教材、提出書類を机の上において、担当インストラクターからその日のタイムスケジュールを聞きます。その後、インストラクター、一緒に講習を受 けるメンバーの自己紹介 (名前、職業、なぜダイビングをはじめようと思ったのか、ライセンス取得後どんな海を潜りたいか? など) をして、マニュアルの内容に入っていきます。

スケジュール

  1. 必要書類提出
  2. 申込残金精算
  3. 学科講習1 (レクチャー1) スタート
  4. 50問クイズ (50問クイズ終了後、解答と解説を行います)
  5. 学科講習2 (レクチャー2) スタート (レクチャー2について確認)

以上を途中、休憩を入れながら4〜5時間で終了します。

学科内容について レクチャー1 (約4〜5時間)

学科講習では、次の内容を学習します。

  1. 水中世界の紹介
  2. ダイビング器材の紹介
  3. スクーバ・システムの紹介
  4. バディ・システムについて
  5. 水中世界への適応について
  6. 呼吸について
  7. ダイビング器材の紹介2
  8. バディ・システム:コミュニケーションと手順について
  9. ダイビングの環境について
  10. 潜水計画について
  11. トラブルの管理の方法
  12. ボート・ダイビングの手順
  13. アクセサリー器材の紹介
  14. ダイビングと健康管理について
  15. 深度下での呼吸について
  16. リクリエーション・ダイブ・プラナーの使い方
  17. ダイブテーブルとダイブコンピューターの特別な状況について
  18. 基本的なコンパス・ナビゲーションの方法
  19. アドベンチャーを続けよう!
  20. リクリエーション・ダイブ・プラナーの使い方2
  21. 安全潜水実施要綱のまとめ

KiKi オリジナル講習 - レクチャー2 - (約2時間)

さあ次はレクチァー2です。この講習は KiKi だけのオリジナル講習です。内容は学科終了後すぐにプールや海でやることを、もう1歩ハードルをさげて、教室という環境で予習しようというコースです。

ダ イビングで使用する全ての器材にどんどんふれて、装着したりサイズを調整したりタンクに器材をセットして、実際にレギュレーターからエアーを吸ってみたり します。たくさんふれることで、ダイビング器材にどんどんなれて、使い方もじっくり確認できます。レクチァー1にくらべ、インストラクターも皆さまもかな りテンションが上がってきます。さあ、もうここまできたら GO! GO! 海中世界はもうすぐそこです。

Cカード取得コース 無料説明会開催中!

KiKi では、Cカードに関する 無料説明会東京店 にて開催しております!

Cカードを取得しようと思っている方! お店に遊びにきませんか? 講習内容について、あなたのご質問について KiKi スタッフがお答えします! お1人でのご参加も大歓迎〜♪ お気軽にご来店下さい^^